フィンペシアの通販サイト紹介

フィンペシアの通販サイトをまとめて紹介しています

フィンペシアの通販サイトの紹介

フィンペシアは通販で購入ができる、プロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリックの中で最も人気の高い薬といっても過言ではありません。

フィンペシアは多くの薬の通販サイトが取り扱いしていますが、価格は微妙に違います。

下記に利用者の多い、プロペシアジェネリックが購入できる通販サイトを紹介します。

フィンペシアを購入できる通販サイトランキング

オオサカ堂

言わずと知れた、海外の薬の個人輸入をサポートする、人気の通販サイトです。

老舗で非常に長い期間通販サイトを運営している実績があります。

品揃えが多く、価格が全体的に安いところが特徴ですので、新しい商品を探してショッピングを楽しむ人も多いようです。

くすりマート

最近オープンした店舗ですが、配送保証(2週間以内に商品が届かなければ全額負担)や正規品100%保証(もし商品が偽物だった場合は商品を再送する)など、様々な商品購入に関するサポートがあります。

商品数はオオサカ堂と比べると少ないですが、人気の商品については概ね取り揃えています。

初めて海外から薬を個人輸入する人などは、サポートがしっかりしているので安心して購入できます。

フィンペシアとはどんなプロペシアジェネリックか

フィンペシアは、現在では様々あるプロペシアジェネリックの中でも、初期の頃に販売された商品です。

認知度も高く、現在でも最も人気のあるプロペシアジェネリックです。

プロペシアは有効成分フィナステリド1mgのみのラインナップですので、フィンペシアもフィナステリド1mg錠のみです。

フィンペシアとのみ記載がある場合は、1mgの錠剤ということになります。

1箱あたりの錠数は、30錠から最大100錠までの種類があります。

過去に錠剤を作る際にフィンペシアに使われていたものでキノリンイエローと呼ばれる物質がありました。

こちらは発がん性の疑いが問われ、一時期非常に話題になりましたが、フィンペシアの製造元であるシプラという会社は、この問題に直ぐに対応し、現在のフィンペシアはすべてこのキノリンイエローが含まれていない「キノリンイエローフリーフィンペシア」となっています。

フィンペシアは薬なのになぜ通販サイトで購入できるのか

フィンペシアはプロペシアのジェネリックですので、薬です。しかも薬局で売っているような「市販薬」ではなく病院でのみ扱われる「処方薬」です。

なぜ本来なら病院で医師から処方箋をもらわないと手に入れられない処方薬がネット通販で購入できるのかというと、実はこれは正確には「薬の個人輸入」という、海外の業者から薬を購入している形式を取っているからです。

日本の法律では、海外の業者から個人の責任で薬の個人輸入を行う場合は、規定の容量(例えば1回の購入で最大1ヶ月分、など)を守れば、処方箋なしでも処方薬でも購入してよい、というルールになっているのです。

本来は海外から日本へ来ている外国人が、常備薬や継続して服用しなければならない薬を日本国内で切らした際にいつでも購入できるように、という目的で策定されたルールです。

しかし現在では特に厳しい決まりはなく、例え通常の日本人の方でも海外から薬を個人輸入をすることが可能になっており、多くの人が実際に利用をしています。

この個人輸入という仕組みに則ることで、フィンペシアは処方薬のジェネリックではありますが、処方箋なしで海外から購入が可能なのです。

ジェネリックはなぜ安いのか

なぜフィンペシアが人気となったかというと、価格が非常に安いからです。一般的にジェネリックは後発医薬品と呼ばれ、どこかの会社が開発や承認を取った成分をそのまま使って他社が作った薬のことを指します。

つまり、後から作る際は開発や承認のための新薬開発費用がほとんどかからないため、たとえ値段を高くしなくても、十分にもとを取ることができるのです。

そのためジェネリックは一般的に安くなる傾向にあり、また海外製のものであれば海外の製造コストの安い国で作られているので、更に安価で購入が可能となっているのです。

実際にフィンペシアもまた、インドの製薬会社で製造されている薬です。会社自体は既に非常に大きい会社で、インドでもジェネリックの製薬会社として有名な会社です。

フィンペシアの効果はプロペシアと同じか

フィンペシアとプロペシアは、全く同じ効果かというと、イエスでありノーでもあると言えます。

まず同じ量の有効成分が入っており、実際に利用した人も効果を実感してリピートをしていると考えられます。

そのため、非常に人気で売れている大ヒット商品となったのです。

つまり、薄毛の治療に対する効果は、プロペシアと同じ程度はあると言えるでしょう。

しかしマイナスの側面を見てみると、先ほども記載したようにキノリンイエローのような有効成分以外での製造に使われている成分は、どのようなものが使われているか定かではありません。

有効成分であるフィナステリド以外はプロペシアとは違う成分が利用されており、その影響でプロペシアとは全く違った問題や効果が噂される可能性は否定できません。

そこまで突き詰めると、確かにプロペシアにも有効成分以外で危険なものが使われていない、と言い切ることは難しいかもしれませんが、その場合は病院が処方を行わなくなるでしょう。

プロペシアに仮に何か危険な成分が入っていると分かった場合は、必ず病院に定期的に通っている中でそのような話が話題となり、かつ医師が処方箋を止めます。そうすると利用者である私たちも早く、そのリスクを回避することができます。

そういった意味では、どの薬を使うにしても、医師を経由している方が安心かもしれません。

海外から個人で購入している場合は、なかなかそのような情報が入ってきづらい可能性もあります。

フィンペシアの効果は、プロペシアと同じぐらい薄毛治療の効果が期待できると考えられますが、一方で個人輸入での購入がメインとなるフィンペシアは、マイナスな影響が大きくなりやすい可能性もあるということです。もしフィンペシアを処方するクリニックがあればこの限りではありません。

フィンペシアは安全で使っても問題ないのか

フィンペシアとその購入方法について、危険性を上記で記載しましたが、とはいえフィンペシアも医薬品ですので、製造する工場は厳しいチェックや基準をクリアしなければならず、安全性を維持して作られていることは間違いありません。

そのためフィンペシア自体の安全性は、そこまで疑う必要はないかもしれません。

特に製造元であるシプラという会社は、確かに最初の頃は小さな会社からスタートしたかもしれませんが、現在は非常に大きく実績もあり、世界各国に工場を構える会社でもあります。

もし安全性を疑うとしたら、やはり「個人輸入」という海外から通販サイトを経由した購入であることと、「医薬品」の取り扱いの難しさ自体から来る危険性でしょう。

個人輸入自体は、上記のようにいろいろ危険があり、注意しながら使用する必要があります。

また、医薬品も扱いを間違えば副作用が発生し、最悪の場合は一生直らない重篤なものを引き起こす可能性もゼロではありません。

自身で調べたり、あるいは専門家の意見をしっかりと聞いて利用するのが、最も望ましいです。

フィンペシアの通販購入は非常に経済的にメリットが大きいですが、使い方には注意が必要というこです。

>医薬品の通販サイトを利用する場合は、くれぐれも注意しましょう。

フィンペシアの体験談とレビュー

最後に、いくつかの有名な海外業者の通販サイトでコメントされているフィンペシアのレビューや、有名なブログの利用体験談を見てみましょう。

圧倒的に安いです。クリニックからプロペシアを処方してもらっていましたが、価格が高く継続を断念しようと考えていました。そのときにたまたまフィンペシアを見つけて、不安もありましたが思い切って購入をしてみました。そしたら効果もしっかり出てくれて、安心して継続することができました。今こうやって薄毛治療を長く続け、自分自身に自信を持てるようになったのも、このフィンペシアのおかげに他ならないと思います。(30代男性)

自分は10代のころから髪が薄くなりいじめられていました。初めて病院に行ったのは19歳のときで、親族の同意書が必要といわれ、必死に年齢を誤摩化して薬を処方してもらったことを覚えています。継続ができず、ネットで必死に調べた結果、このフィンペシアに出会いました。とにかく安く、長く使えているので本当に安心しています。キノリンイエロー事件は発覚した際は正直本当に怖くて不安でしたが、結果的には今のところ何もなく、またキノリンイエローフリーが発売されたので安心してまたフィンペシアを使っています。(20代男性)

フィンペシアはとにかくどこを見ても評判が良かった印象があります。もちろん重い腎臓の副作用などが記載されているものもありましたが、基本的に薬全般はそのような副作用が発生します。そう考えるとこれだけ多くの人が利用している実績のあるフィンペシアは本当に信頼できる薬だと思います。製造しているシプラという会社についても調べました。インドジェネリックということで、絵の具を使って色をつけているだとか、汚い環境で薬を作っているというような噂がすごくたちましたが、私の見解ではインドといえどシプラは世界規模の製薬会社になりつつあり、WHOの定める基準等をしっかりクリアしているので、他の日本の製薬会社の薬とほとんど変わらないと思っています。(30代男性)

2016/09/26